「不動産×VR」で内見が不要になる? ドローンやOculusの活用も

ニューヨーク州の中心地であるマンハッタンに本社を置く大手不動産仲介会社のHalstead Propertyが、Facebook傘下のOculusと提携し、VR技術を活用した物件の内見サービスを始める。

Halstead Propertyの顧客はVRヘッドセットの「Oculus Rift」を装着することで、気になる物件にわざわざ足を運ぶことなく、仮想現実の世界に作られた物件に「ワープ」することで内見できる仕組みだ。

20160314 Realestate

【記事引用元】
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1603/14/news047.html

http://www.nytimes.com/2016/02/14/realestate/virtual-reality-to-sell-homes.html?_r=0

(Visited 170 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)