ホームリノベーション・生活家電チェーン会社Low’sがMicrosoft Hololensを使用して次世代のリノベーションを

Low’sはHololensを利用してキッチン設備、調理台などの様々なデザインを視覚化し、デモンストレーションできるサービスをシアトルの数店のパイロット店舗で提供します。顧客たちは自分たちの新しいキッチンのイメージホログラムについてオプションを調整したり、オンラインで共有することができます。Low’sはアメリカのホームリノベーション・生活家電チェーンであり、全米50州への出店をしている会社になります。

住宅や不動産とAR/VR/MR技術の相性は良くこれまでも、不動産や家具、床材等の活用事例があります。

「プロジェクトのもっと大きなビジョンは、住宅リフォームの未来像を描くことだ。Microsoftの主張によると、混成現実(mixed reality)があれば顧客は、物理的なキッチンモデルの中にいる状態で、その物理的なスペースに合うさまざまなオプションを、ホログラムで見ることができる。長期的には、キッチン以外のリフォームでも利用したい意向だ。
(引用元:Techcrunch 住宅リフォーム店Lowe’sが多様な顧客オプションのプレゼンのためにMicrosoftのHoloLensを利用へ)」

【Microsoft Devices Blog】
https://blogs.windows.com/devices/2016/03/18/microsoft-hololens-and-lowes-working-to-redefine-your-next-home-renovation/

 

 

■本ブログでも以前紹介した不動産での活用事例
「不動産×VR」で内見が不要になる? ドローンやOculusの活用も

■床材を変えたらどうなる?シミュレーションができるアプリ
Karndean | Flooring configurator

■IKEAのAR技術を活用したアプリ
記事引用元:WIRED記事 「自宅に家具を置いてみる」イケアのARアプリ

(Visited 90 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)