マクドナルドの子供向けセット、箱がVRヘッドセットに–スウェーデンで「Happy Goggles」提供へ

スウェーデンのマクドナルドで、日本のハッピーセットにあたる「ハッピーミール」の箱をVRヘッドセットに変形可能にする試みがスタートします。オリジナルのゲームも提供される予定で、スマートフォンを使って子どもたちはバーチャル・リアリティの世界を手軽に楽しめるようになるとのこと。同社は現地時間2月29日にプロモーション動画を公開し、真っ赤なボックスを展開して、スマートフォンが収まるダンボール製のVRヘッドセットを作成する方法を紹介しています。

その名も「Happy Goggles」(ハッピーゴーグル)。

開発されたのは、スキーゲームで、障害を避けながら慎重に斜面を滑り降りる内容です。このゲームはスウェーデンのアルペンスキーチームが推奨しており、スキーの安全性について子供たちを教育する狙いがあります。ゲームは3月5日にリリースされます。

【記事引用元】
http://gigazine.net/news/20160301-happy-goggles/
http://japan.cnet.com/news/service/35078790/

ハッピーセットの箱

20160302Macdonald2

箱からレンズパックを取り出し、箱と分離、組み立て

20160302Macdonald3

スマートフォンを装着しVRヘッドセットの完成

20160302Macdonald4

 

(Visited 83 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)