米メイヨー・クリニックがVR酔い解消テクノロジーの開発

米ミネソタ州のメイヨー・クリニックが内耳と見ているものを同調させる「ガルバニ前庭シミュレーション(GVS) 」というテクノロジーの特許を開発・取得したということです。

今話題になっているVRの技術は、ゲーム、エンターテイメント、医療、建築と様々な分野の活用が期待されていますが、一方で、VRを用いたシミュレータやゲームをした際に車酔いに似た症状がおこるという問題もあります。これらを「VR酔い」と呼び、原因としては視覚と内耳で平衡感覚を司る前庭の感覚の不一致、実際にその動きはしていないのに見えるという視覚と体の感覚の不一致からおきるものだということ。

今回特許を取得したと報じられている「ガルバニ前庭シミュレーション(GVS)」、VR酔い等にみられる平衡感覚に関する不調を緩和できる可能性があるということです。

vMocionはVRヘッドマウントディスプレイを使用した際の違和感を解消するために「GVS」のライセンスを取得し、商用利用を検討。

【記事引用元】
livedoor’ NEWS
「VR酔い」を解消する技術 米メイヨー・クリニックが開発

Forves
「VR酔い」を解消する技術 米メイヨー・クリニックが開発

 

 

 

(Visited 60 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)