Apple、ARを応用した新コンピューティングプラットフォーム開発へ

Apple/CEOのティム・クック(Tim Cook)氏は現地時間8月14日、Washington Postのインタビューに応じて、Mac、iPhone、iPadに代わるAR(Augmented Reality:仮想現実)技術を応用した第4の新コンピューティングプラットフォームの開発を進めていることを明らかにした、と報じられています。

インタビューの中でARのことについて聞かれたクック氏は「ARは非常に興味深く、コアテクノロジーのひとつだと思っている。だからこそ、我々はカーテンの後ろでいくつかのプロジェクトを進めている」と語っています。

【記事引用元】
The Washington Post
http://www.washingtonpost.com/sf/business/wp/2016/08/13/2016/08/13/tim-cook-the-interview-running-apple-is-sort-of-a-lonely-job/

business newsline
http://business.newsln.jp/news/201608160144020000.html

Gigazine
http://gigazine.net/news/20160815-tim-cook-long-interview/

 

(Visited 74 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)