ARで救命処置を周知 救命処置の動画が閲覧できるキーホルダーを提供

スターティア株式会社は、本年7月より新規事業としてAEDの提供を始め、AED・救急医療における啓蒙活動を強化することを目的として、AR(拡張現実)で救命処置を周知するキーホルダーの提供を開始すると発表したことが報じられました。

本キーホルダーはAEDを導入した企業へ納品時に配られ、キーホルダーをスマホARアプリ「COCOAR2」でかざすと、救命処置の一連の流れが動画で閲覧できる仕組みになっています。

20160905 AR動画2
企業におけるAED設置後の課題として挙げられる、「AEDの取り扱い方・設置場所を全社員に周知させることが難しいこと」に対して、本キーホルダーはARで動画を閲覧することができるという点に興味喚起させ、またAEDの外ケースへ本キーホルダー付けることで、社員がAEDを実際に手に取り触れるきっかけを与え、AEDの取扱い・設置場所の社内認知を高めるというのが狙いです。

【スターティア株式会社の公式HP】
https://www.startia.co.jp/

【記事引用元】
PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000016877.html

(Visited 45 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)