さらなる拡大が期待されるAR技術 可能性は無限大

拡張現実(Augmented Reality、以下「AR」)は、大きな成長が期待される分野で、その技術は業界問わず多くのプラットフォームと未踏なアプリを提供できる、非常に高い可能性を秘めた有利な産業だと報じられました。AR技術を活用したビジネスの一部が紹介されています。

1. ARスマートコンタクトレンズ

着用者の目に画像を投影できる小型ディスプレイ、アンテナ、カメラおよびモーションセンサーで構成されているスマートコンタクトレンズは、危険な光反射を自動的に除去できます。韓国のサムスン電子が特許を申請、カメラと画像表示を装備しているほか、Googleでは、涙で血糖値の変化を測定し、糖尿病の発見に役立つスマートコンタクトレンズを既に開発しています。

2. ARヘッドマウントディスプレイ

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)にスマートコンタクトレンズとARプロセッサを搭載した革新的なハードウェア。より高度な機能を備えたAR HMDの開発に取り組んでいる企業は、2024年には、業界全体の収入の65%以上の市場会計を支配するとのことです。

3. AR広告キャンペーン

いくつかの自動車メーカー企業は、すでに広告キャンペーンにARを採用し、プロモーションを強化しています。画像認識技術を活用することで、スマートフォンのカメラで雑誌をスキャンすると新車が3Dで表示され、雑誌の中の峠や道を新車で走り回ることを可能にしたので、ゲーム感覚でパフォーマンス機能を体験できる仕組みになっています。楽しい遊び場を提供することは、より多くの顧客獲得につながると期待されています。

4. スマートグラス

産業支援や営業支援に役立つため、著しい成長が期待されています。小型化や軽量化、改良されたバッテリー、鮮明な視界や情報処理速度の速さなどを含む機能のさらなる進化は、需要をより増加させると見込まれています。

AR技術は、小売業者と消費者間の相互作用の向上をサポートすると大いに期待されています。上記以外でも、例えば、消費者による服やジュエリーのバーチャル試着や家具の配置をして様子を確認することを可能にし、小売業者にとっては顧客の獲得を、消費者にとっては購買意欲を高める役割を担います。

数十年前から研究され一部には知られていたものの、ビジネスにおける使い道が見つからず、なかなか社会に浸透されなかったAR。しかし、2016年は、熱狂的な盛り上がりを見せたリオオリンピックやポケモンGO旋風を通じて、ARという技術が私たちにとって一気に身近なものになった1年となりました。メディアでも報じられたように、ARの可能性はもっともっと拡大するでしょう。面白い技術や創造的なアイデアが生み出されそうでワクワクします!

 

【記事引用元】

GET AR: 2024年AR市場は様々な分野で拡大、AR技術が秘めた大きな可能性
http://getar.jp/augmented-reality-market-analysis-by-component-display-application-and-segment-forecasts-to-2024/

GET AR:【保存版】ARアプリまとめ&ニュース
http://getar.jp/arapps/

 

(Visited 130 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)