ARテクノスポーツ「HADO」 賞金総額100万円の世界大会を開催

新感覚テクノスポーツ「HADO」を開発した株式会社meleapは、ARを使用したテクノスポーツHADOの頂点を決める「HADO WORLD CUP 2016」の開催を11月26日に決定したと発表しました。賞金総額100万円をかけて、初代世界「HADO」チャンピオンを決める、記念すべき第1回目の世界大会となります。

HADOは、ヘッドマウントディスプレイとアームセンサーからなるウェアラブルデバイスを身につけ、実際の空間と映像を合成し、自らの手でエナジーボールを放って相手と撃ち合うAR(拡張現実)スポーツです。

20161001_hado1

 

チーム戦で、エナジーボールで攻撃、バリアを張って防御、体を動かしフィールドを自由に動き回り、味方と連携して楽しむゲームとなっています。

20161001_hado3

 

 

【イベント情報】
日程:2016年11月26日(土)
会場:都内某所(後日発表)
内容:チーム戦 予選グループリーグ&決勝グループトーナメント
個人戦: チーム戦の予選グループリーグ成績上位者によるトーナメント
賞金:総額100万円
参加費:無料(観覧も無料)
参加エントリー期間:2016年9月21日(水)〜11月6日(日)
HADO WORLD CUPホームページ:meleap.com/worldcup/
エントリーは満13歳以上であることが応募資格となっています。

〈HADO体験会〉
第1回 9月27日(火)/第2回 10月24日(月)/第3回11月7日(月)
場所:ポニーキャニオン1Fイベントスペース(東京都港区虎ノ門2-5-10)

【記事引用元】
Mogura VR
http://www.moguravr.com/hado-worldcup2016/

(Visited 46 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)