AR/VR市場、2020年には市場規模16兆円規模に

「ポケモンGO」の爆発的なヒットや、Facebookが買収した「Oculus Rift」、あるいは今年後半にソニーが展開する見込みの「PlayStation VR(PS VR)」など、注目を集めるAR(拡張現実)/VR(仮想現実)の2016年の世界市場規模は52億ドル(約5,220億円)にのぼり、両市場の製品出荷台数は1000万台に達する見通しだと米IDCの調査で発表されました。

驚くべきはその成長率で、IDCは2020年に1,620億ドル(約16兆円)市場になると予測しています。年平均成長率(CAGR)は181.3%にのぼり、予測通りなら毎年倍以上伸びていく計算になります。2020年のAR/VR機器の出荷台数は1億1000万台を超えると予想しています。

産業分野での利用も進み、物流、製造などの市場は早期に立ち上がる見込みであり、VRシステムの売上には、ソフトウェア、コンサルティングサービス、システムインテグレーションなどが含まれています。地域別では、日本を除くアジア、米国、西欧だけで3/4を占める見込みです。中でも米国が牽引します。

Sensor Towerのレポートによれば、今やARアプリの代表格となったポケモンGOの売上高は、リリース1か月で2億ドルを達成し、今後、同様のアプリの登場も見込まれると言われています。ハードウェアでは、グーグルの「Google Glass」、マイクロソフトの「HoloLens」などが代表格となります。

【オフィシャル プレスリリース】
http://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS41676216

【記事引用元】
ビジネス+IT
http://www.sbbit.jp/article/cont1/32582#image40335

 

(Visited 429 times, 5 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)