VR・AR用ヘッドセット 2016年の出荷台数は1000万台突破

IDC(International Data Corporation)は、米国時間12月15日、VRとAR用のヘッドセット市場に関するレポートを発表しました。2016年における出荷台数は、約1030万台となる見通しとのことです。VR・AR用ヘッドセットは世界的に流通しており、今後、年平均108.3%の成長率で伸び、2020年までには7600万台に達する見込みと公表しています。

出荷量においては、より低価格なVRデバイスが引き続き市場をけん引していくとみられていますが、IDCによると、テクノロジーの低価格化やOEMが市場に参入していくと、ARヘッドセットは飛躍的に上昇する勢いがあると予測しています。IDCは現在、Samsung「GEAR VR」、HTC「Vive」のような連結型ヘッドマウントディスプレイ、そしてマイクロソフト「HoloLens」のような独立型ヘッドマウントディスプレイなど、3種類のヘッドセットに区別し動向を追っています。

20161216-idc-chart-re

IDCのシニアリサーチアナリストは、「ARは、スマートフォンに匹敵しうるコンピューティングの世界に変化を生み出している最中かもしれません。しかし、AR技術はまだ初期段階で、大規模な導入に達するまでには、まだまだ遠い道のりです」と述べています。

プログラムのヴァイスプレジデント Tom Mainelli氏は、「ARは、大規模で長期的な機会を得るチャンスを狙っている段階で、まだ当面は、VRが出荷量では先行しメディアの注目の的でもあり続けるでしょう」と予測しています。「今年は、Oculus、HTC、Samsung、そしてGoogleなどの主要企業からさまざまなVR製品が発表されました。今後1年間、単純なスクリーンレス・ビューワーから連結型、独立型のヘッドマウントディスプレイの全範囲をカバーする製品をローンチし、ますます多くの企業が市場に参入することでしょう。変化が著しいAR・VR用ヘッドセットの市場動向をキャッチアップすることが楽しみで仕方ありません」と語っています。

 

【記事引用元】

IT Pro:VR・AR用ヘッドセット市場、2016年の世界出荷台数は1030万台に
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/121603767/?rt=nocnt

IDC Press Release:Augmented and Virtual Reality Headsets Expected to Grow at a 5 Year CAGR of 108.3%, According to IDC’s Newly Launched AR/VR Tracker
http://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS42140716

 

(Visited 66 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)