優れもの「VR開発キット」が日本にやってきた

最近話題のARやVR。まず、AR(Augmented Realtyの略)は「拡張現実」のことで、モバイルやPC機器などを使って、現実の風景に情報を重ね合わせることができる技術。

一方、VR(Virtual Realtyの略)は「仮想現実」のことで、仮想的な世界を現実のように体験させる技術のことだ。

これらの技術は最近、スマホやタブレットのアプリはもちろん、VR用デバイスOculus(オキュラス)の発売が話題になるなど、プロモーションやシミュレーション、ナビゲーション、ゲームなど、さまざまなサービスに活用され始めている。

そんな中、イギリスのKudan LImited社は、自社が開発したAR/VRエンジン(ソフトウェア開発キット)「Unity Package」のダウンロードを、日本のエンジニア向けに開始した。

【記事引用元】
http://toyokeizai.net/articles/-/106791

Kudan、ジグソー社とのコンセプチュアルビデオ

Kudan SLAM for Unity 3D

(Visited 156 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)