ASUS 世界初のAR/VR対応スマホ「ZenFone AR」を発表

ASUSは、Googleの仮想現実(VR)プラットフォーム「Daydream」と、同じくGoogleの拡張現実(AR)プラットフォーム「Tango」の両機能を備えた世界初のAR/VR対応スマートフォン「ZenFone AR」を発表しました。さらに、改良版の3カメラシステムや奥行きを検知する3Dスキャニングも搭載されています。

Tangoに対応するスマートフォンは、画面が6インチ以上もある巨大なLenovoの「Phab 2 Pro」のみで、米CNETが2016年に独自のレビューを行った際の評価は微妙だったとのこと。TangoによるAR機能についても、さらなる開発・発展が期待されています。

CNETによると、「ZenFone AR」の仕様は「Phab 2 Pro」と比べてやや進んでおり、プロセッサには前回のブログでも登場したQualcomm社の「Snapdragon 821」が採用されています。課題として挙げられていたVRやAR、もしくはその両方を同時に実行する際にスマートフォン全体が過熱することを防ぐために「蒸発作用を用いた冷却」システムも搭載されます。ASUSによると、本プロセッサは、コンピュータビジョンと6DoF(six degrees of freedom)トラッキングに最適化されるということで、つまりは、Tango ARを実行可能にするモーショントラッキングやスマートカメラの機能を備えることを公表しています。

CNET動画より一部抜粋

さらに、「ZenFone AR」の画面は、Lenovo「Phab 2 Pro」より小さい5.7インチとのこと。小型化された「Tri-Cam」システムというTangoに対応するためのモーションセンシングおよび奥行きの検知機能と23メガピクセルのカメラを組み合わせたカメラシステムが搭載されるとのことで、コンパクト化に成功した理由の一つに挙げられています。

現時点では、「ZenFone AR」の価格は発表されていませんが、2017年第2四半期の発売が予定されています。

※CNETの動画はこちら

【記事引用元】

CNET Japan:AR/VR対応スマホ「ZenFone AR」、ASUSが発表–TangoとDaydreamに対応
http://japan.cnet.com/news/service/35094570/

CNET CES:Asus ZenFone AR serves up Google Tango and Daydream VR in one phone (hands-on)
https://www.cnet.com/products/asus-zenfone-ar/preview/

 

(Visited 41 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)