AxonVR、仮想現実で触覚を再現?! 先進的な技術に580万ドルの資金を調達

仮想現実(Virtual Reality、以下「VR」)における触覚の再現に取り組み注目を集めているAxonVRは、580万ドル(約6億6,000万円)の資金を調達したと発表しました。本資金を会社独自のプラットフォーム、HaptX platformを構築し、テーマパークやVRゲームなどのビジネスと直接ライセンス契約につなげることを目的とすると報じられました。

若干の例外はあるものの、一般的に、VRにおける触覚を感じるには、実際に物に触れる代わりとしてコントローラーなどの振動が用いられますが、AxonVRは、VRでの接触点に局限的な圧を加えることで触覚を再現しようとしています。要するに、バーチャルの物体を手に置く場合、コントローラーからの大まかな振動ではなく、接触部分に圧力を感じることができるというものです。同社は、空気圧式アクチュエータにリンクした数百ものドットをもつ触覚皮膚(a haptic skin)を創り出しました。バーチャルな物体がプレイヤーと接触するたびに、アクチュエータが皮膚に対応したドットを膨らませるという仕組みです。

デモ動画はこちらから

AxonVRの触覚技術を試すため、VRでの触覚機能を作る空圧駆動システムが含まれる大きいメタルボックスのサイドのスロットに、手のひらを上にして準備します。もう片方の手でコントローラーを使って、仮想に映し出される手に色々な物体をセットすると、なんと、対応する皮膚部分の圧力を感じたとのこと。

筆者は、デモを視聴しているだけですが、動画の中の体験者が、リンゴの形や鹿の動く足を的確に且つリアルに感じていることを窺い知ることが出来ます。なかには、ドラゴンの口から炎が出たときは、ぬくもりを感じると表現する人も。筆者も、鹿を手の上に乗せてリアルに感じてみたい!ドラゴンと戯れてみたい!とワクワクさせる動画でした。

AxonVRは、四肢全体で歩行運動と触覚のフィードバックを可能にする全身の外骨格HaptX Skeltonを開発しています。同社のMark Kroese社長は、Haptx Skeltonがいつ市場に出るか明らかにしていませんが、2017年頃のプロダクト出荷を目指しているとのことです。

2016年はAR/VRに沸いた年でした。2017年もさらなる向上、さらなる進化を期待します!

 

【記事引用元】

Road to VR: Michael Glombicki “AxonVR Raises $5.8 Million Seed Investment for Advanced VR Haptics”
http://www.roadtovr.com/axonvr-raises-5-8-million-seed-investment-advanced-vr-haptics/

 

Mogura VR: VRでの温冷や重さなど触覚再現に挑むAxonVR、約6億円の資金調達
http://www.moguravr.com/axonvr/

 

(Visited 191 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)