ベンツ、車を置かないショールームを代官山蔦屋書店にオープン

メルセデス・ベンツ日本は2016年7月13日、代官山蔦屋(つたや)書店(東京都渋谷区)の店舗内に車を置かないショールームをオープンしました。

20160714  benz

新たなショールームは、「メルセデス・ベンツ ライフスタイル ラウンジ」と呼び、店内の車関連の書籍コーナーの一角に設け、VR用のヘッドマウントディスプレーなどを備えており、来店客に車の外観や内装のイメージをVRを通じて体験してもらうというものです。メルセデス・ベンツ日本のショールームは現在、幹線道路沿いにある大型店舗が中心で、車を展示する広いショールームを都心に増やすのは難しいため、VR(Virtual Reality:仮想現実)で車の外観や内装を確認できるようにし、新たな顧客獲得、駅ビルなどでの出店可能性を探っています。同店の駐車場に試乗用の車を用意し、希望すれば無料で試乗もできます。このショールームは9月13日までの2か月限定となります。

【記事引用元】
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HEO_T10C16A7000000/

朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20160713003478.html

(Visited 185 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)