Blippar、ARアプリ活用し「Yamathonヤマソン」参加者ゼッケン認識技術支援

Blippar Japan株式会社は、2016年5月21日(土)に開催される、第8回 東京Yamathonヤマソンへ技術支援することを発表しています。

ヤマソンは、東京ヤマソンとは東京ビル TOKIA(東京駅すぐ近く)を出発し、山手線沿いを3~4人のチームで12時間以内でJR山手線の全29駅を3人または4人一組のチームで歩き、または走って達成するファンドレイジングイベント*で、参加費の100%がプラン・ジャパンを通じ全額寄付されます。

ヤマソン参加者に配布されるゼッケンをビジュアルサーチアプリケーションBlipparをダウンロード、インストールしたスマートフォンなどで認識させるとチーム登録、ヤマソンオリジナルフォトフレーム、スペシャル30%OFFクーポンなどが楽しめます。Blipparは、世界中全ての物体を情報とコンテンツの新しいメディアプラットフォームに変えるビジュアルブラウザーアプリです。2011年のサービス開始以来、世界で 7,000万人以上が登録し、多くのユーザーが利用しています。

Blippar™アプリは、App Store及びGoogle Playより無料でダウンロード頂けます。
Google Playは http://bit.ly/GooglePlayBlippar
App Storeは http://bit.ly/AppStoreBlippar

 

【記事引用元】
PR Times
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000017846.html

(Visited 78 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)