花火大会の打ち上げデータを搭載した「AR花火スコープ by HaNAVI」アプリ

先進的な3Dビジュアライゼーション技術を軸に、ARソリューションをはじめ、CG/VRコンテンツ、スマートフォンアプリ、自社ソフトウェア製品など、オリジナリティ溢れる商品・サービスを提供している株式会社キャドセンターは、日本全国400カ所い所の花火大会の打ち上げデータを搭載した「AR花火スコープ by HaNAVI」アプリについて報じています。

「AR花火スコープ by HaNAVI」は、スマートフォンのカメラを通した実写映像に、花火の打ち上げイメージをCGアニメーションで合成表示するアプリです。ユーザーの位置情報と連動して、各地の花火大会ごとに、どの方向にどれくらいの高さで花火が見えるか推測できるため、事前に観覧場所を検討したり、お気入りの場所からどのように見えるか確認したりできます。
2016年のメジャーアップデートではAR花火のキャプチャを撮って、花火情報投稿サイト「HaNAVI」やLINE、Facebook、Twitterを通じて画像をシェアし、見え方を添えて花火大会の情報を共有できるようになったということです。
表示画面は二画面構成となっています。「AR」画面ではGPSによるユーザーの現在位置や花火大会ごとの打ち上げ位置と花火のサイズ情報によって、CGアニメーションの位置や大きさ、高さが変化するため、現在位置から花火がどのように見えるか、おおよその見当をつけることができます。

20160807 HaNAVI 20160807 HaNAVI2 20160807 HaNAVI3

【アプリのダウンロードはこちら】
iOS版はこちら
https://goo.gl/UKHs1D
Android版はこちら
https://goo.gl/nSeYUf  ※近日アップデート予定

【PR Times】
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000004108.html

(Visited 55 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)