デロイトトーマツコンサルティング合同会社「Tech Trends 2016日本語版」を発表

デロイトトーマツコンサルティング合同会社は今後のビジネス、テクノロジーに大きく変革をもたらす事象への理解を深めるため、Global Tech Trendsを毎年発行しており、今回で7回目の発行となる「Tech Trends 2016日本語版」を発表しました。「Innovating in the digital era」ということで今後1年半~2年の間にビジネスに大きなインパクトを与えるだろう8つのトレンドに焦点をあててレポートしています。

8つのトレンドの中のひとつがAR(拡張現実)についてになります。

実用段階に来た拡張現実とバーチャルリアリティ

新しい世界から見るビジネスの変革

拡張現実(AR)およびバーチャルリアリティ(VR)のソリューションが市場に現れ、モバイル端末のウエアラブル型へのシフトが加速し始めている。AR/VRは、長きにわたってSFの世界の出来事であったが、テクノロジーの急速な進歩により、ビジネスプロセスやカスタマエクスペリエンスを抜本的に変革する力を持ち始めてきた。
AR/VRの一般消費者市場を独占するプレイヤが現れるまでの間に、企業は、AR/VR導入の検討あるいはビジネスへの活用方法を、予め検討しておくこともできるだろう。

(記事引用元:http://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/technology/articles/tsa/tech-trends-2016.html)」

(Visited 70 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)