タトゥー状のウェアラブルデバイス、スマートタトゥー「Duo Skin」の開発

Microsoft ResearchとMIT Media Labの博士課程の学生らが、金箔を肌に貼りつけるタトゥー状のウェアラブルデバイスを作製可能な技術を開発したと報じられています。

これらのスマートタトゥーは、装着者の肌をまったく新しいインターフェースに変えることで、モバイル端末を制御するためのタッチパッド、ディスプレイ、あるいはNFC(近距離無線通信)チップを利用する無線通信用デバイスとして使用することができ、具体的には、皮膚の上に、金箔を用いた薄い導電性の膜を貼り付けることで、指で触って操作が可能なタッチパネルを自分の体の上に搭載することが可能になります。このプロジェクトの主な目的としては、人々が独自のデバイスをシンプルかつ安価で手軽に作成できる手段を提供し、ウェアラブル技術を身近なものにするということです。

作成に必要な道具の中で最も高価なのは230ドルの電子カッターで、金箔シートは1袋10ドル、NFCタグは2.5ドルです。

【オフィシャルHP】
http://duoskin.media.mit.edu/

【詳細PDF】
http://duoskin.media.mit.edu/duoskin_iswc16.pdf

【記事引用元】
http://japan.cnet.com/news/service/35087520/?tag=nl

(Visited 180 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)