まとめ:経産省が動画制作支援、Gravity Jack社が語るARがもたらす可能性、三菱総合研究所「VR/AR技術の将来展望」

様々な記事のまとめです。

VR・ARで自治体をPR 経産省が動画制作支援

経済産業省は仮想現実感(VR)や拡張現実(AR)、ドローンによる空撮など先進的な映像技術で臨場感を強めた自治体のPR動画制作を支援する。観光客誘致のための映像やスマートフォン(スマホ)アプリを作る際、自治体とプロの制作会社、地域企業を橋渡しし、制作費も一部補助すると報じられている。

【記事引用元】
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11462970Y7A100C1NN1000/

Gravity Jack社が語る、拡張現実(AR)技術がもたらす3つの可能性

AR(拡張現実)専門ニュースメディアであるGET ARで、米国アプリ開発会社Gravity Jack社がARがもたらす3つの可能性について語ったことについて記事を掲載している。
3つの可能性とは。。。
1.拡張現実(AR)ゲームやソーシャルメディアにおけるAR技術
2.医療における拡張現実(AR)技術
3.ショッピングにおける拡張現実(AR)技術

続きはコチラ
GET AR
Gravity Jack社が語る、拡張現実(AR)技術がもたらす3つの可能性

三菱総合研究所、「VR/AR技術の将来展望」についてのコラム・レポートを発表

株式会社三菱総合研究所は「VR/AR技術の将来展望」についてのコラム・レポートを発表している。
仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、混合現実(MR)、代替現実(SR)など様々なリアルティ技術についての概要、市場規模(予測)、それぞれの将来展望などについて記載したものである。
AR技術については、業務用や自動車用(高級車のHUD型カーナビや、パーキングアシストなど)として発展を続けているほか、スマートフォンやタブレット型PCのカメラ+ディスプレイを活用した多様なARアプリ(観光、ショッピング、山の名称、天候などの情報表示やゲームなど)が製品化されていること、眼鏡型ディスプレイを用いるタイプのAR製品も、業務用としては、普及しつつあることなどが記載されている。AR技術はデバイスを限定しないことや現実のものに重ね合わせて表示できる技術とである点などからVR技術より広範な療育で大きく発展することが期待される点などについてもふれている。

【記事引用元】
三菱総合研究所
http://www.mri.co.jp/opinion/column/tech/tech_20160520.html

(Visited 245 times, 2 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)