視線追跡VRの「FOVE」がコロプラ、鴻海、サムスンらから12.3億円を調達

VRヘッドマウントディスプレイに視線追跡機能を付けた「FOVE」を開発する日本発スタートアップのFOVEが3月23日、シリーズAとして1100万ドル(12.3億円)の資金調達を終えたことを発表した。

20160324foveequity

このラウンドをリードしたのはColopl VR Fundで、鴻海ベンチャーキャピタルファンドの「2020」、Samsung Venture Investmentらも投資に参加している。TechCrunch Japanのインタビューに対して、FOVE共同創業者でCEOの小島由香氏は、「(VR開発は)資金だけでは続かない。ディスプレイ供給や量産体制に備えた座組」だと話している。2014年の設立以来、FOVEは今回3度目の資金調達。累計調達額は非公開ながらも十数億円のレンジだという。

【記事引用元】
Techcrunch
http://jp.techcrunch.com/2016/03/23/fove-raises-11-million-dollars/

(Visited 50 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)