富士通、AR技術を活用した設備の運転・保守業務の技術伝承を支援するソリューションの販売開始

富士通は、施設や設備の運転・保守業務において、ベテランからビギナーへの技術伝承を支援する「技術伝承支援ソリューション」を4月27日より販売開始することを発表しています。今回販売開始するソリューションについては、計8日間で行う動画マニュアル作成と、動画マニュアルを活用した技術伝承の支援を行うコンサルティングで構成されます。

ベテラン技術者の定年増加に伴い、ビギナー作業者への設備の運転・保守業務の伝承が必要とされる中、こちらのソリューションでは、ベテランの技術をもとに手本となる動画マニュアルを作成し、ヘッドマウントディスプレイを活用しベテランが実際に見ている視界に近い動画と、ビデオカメラによる作業全体の動画を同時撮影することで、2つのアングルからベテランの技術を記録、ベテラン技術者が無意識に実践している行動や作業のあるべき姿などについても話し合い、手本となる動画を作成します。作成した動画を関係者は視聴・確認ができ、個人で定期的に学習できることから技術の向上が期待できます。

尚、富士通はこちらのソリューションについてメタウォーター株式会社及びメタウォーターサービス株式会社と共同実証をしており、4カ月の業務経験のある作業者が0.5カ月の訓練期間で約30%の技術が向上したことも併せて報じています。

販売価格は、基本工程で90万円~となるそうです。

20160503 Fujitsu solution

【オフィシャルサイト リリース】
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/04/27-1.html

【過去の記事】

経験不足の作業者に熟練者が指示–富士通研究所、AR活用した遠隔作業支援システム

熟練のワザ、ITで共有、継承へ――富士通ヘッドマウントディスプレイ×AR/リモートサポートで実現する現場の効率化

(Visited 234 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)