ARを活用した地域プロモーション 和歌山県南紀熊野ジオパーク&長崎県陶郷・中尾山

AR技術を活用した観光サービスのご紹介です。

■和歌山県南紀熊野ジオパーク


 

和歌山県は南紀熊野ジオパークの魅力を知ってもらうために時御パークのマークにスマートフォンをかざすと動画や位置情報などが配信されるサービスを2016年4月1日から始めました。読み取りには無料アプリの「ブリッパー」のダウンロードが必要になります。
ジオサイトでの美しい写真をや説明をご覧いただける他、英語での説明もあり外国人観光客にとっても嬉しいサービスとなりそうです。

20160402ジオパーク

【南紀熊野ジオパーク オフィシャルサイト】
http://nankikumanogeo.jp/2016/03/30/1956/

【アプリの使い方ガイド】
http://nankikumanogeo.jp/wp-content/uploads/2016/03/6648a0f36fdaada1abc24165573b9d1e.pdf

 

■長崎県 中尾山なび ~波佐見焼・陶郷中尾山ガイドアプリ~ APK


長崎県波佐見町と中尾郷自治会が制作した陶郷中尾山のARアプリである、観光ガイドアプリケーションを利用した観光サービスが4月から始まります。街中でスマートフォンやタブレット端末をかざすと、窯元の位置情報・方角を確認でき、音声による解説を聞いたり、中尾山の各地に設置されたビーコンの信号を受信して「もよりの周遊スポット」の情報をみることができます。

20160402中尾山

4月2日、3日には桜陶祭が開催されます。桜のきれいなこの季節アプリを片手に散策を楽しまれてはいかがですか?

【ダウンロードサイト】
中尾山なび ~波佐見焼・陶郷中尾山ガイドアプリ~ APK

【関連記事】
長崎新聞 県内トピックス(2016年4月1日更新)
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/04/01091505047343.shtml

(Visited 132 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)