Kudan社、VR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」設立に伴う博報堂グループとの提携

最新鋭の空間認識技術(SLAM※)を有するコンピュータビジョン技術会社であるKudan株式会社は、株式会社博報堂と博報堂グループの総合制作事業会社である株式会社博報堂プロダクツのAR・VRの専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」を設立することに伴い、2016年10月18日に提携を行うことを発表しています。
※ SLAM(Simultaneous Localization and Mapping「スラム」とは画像やセンサ情報等から自己位置の推定と環境地図の作成を同時に行う技術

今回の提携は、スマホゲームの世界中でのヒットや様々な企業によるヘッドマウント型デバイスの発売などにより、一般の生活者にとっても急速に身近な存在になり始めているAR/VR技術を広告業界で印象的な広告体験に活用し、新たなデジタル体験をプロモーションやマーケティングの手法に取り入れるべく、博報堂グループにおけるVR・ARの最先端技術を駆使する専門ファクトリーである「hakuhodo-VRAR」の設立し、その設立に伴い、KudanがAR等の技術提供を行うことを目的に提携を行うということです。

「hakuhodo-VRAR」では、博報堂の持つ「高いクリエイティブ力」「戦略・企画力」と、博報堂プロダクツの得意分野である「デジタル技術」「映像・編集技術」「3DCG」「イベントプロデユース」の実施力を掛け合わせるべく、両社の経験豊富なエキスパートを結集。そのインフラ・装備を駆使しながらVR・ARの可能性を存分に活かしたプロモーションを、情報拡散まで360°&ワンストップで提供することができます。また、今回提携するKudanは、世界で多くの企業に高品質かつ業界最先端のマーカーレス空間認識が可能な開発キット「Kudan AR Engine」を提供すると共に三次元認識(SLAM)などの最先端画像認識技術をVR/MR、IoT、ロボティクス、AI企業へ提供するコンピュータビジョン技術会社です。

今後両社は、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)のみならず、MR(複合現実)の研究・活用を進めるとともに、これまでにない次世代型の体験・感動プロモーションを提供していくということです。

 

【博報堂オフィシャルサイト】
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/33922

【博報堂プロダクツオフィシャルサイト】
http://www.h-products.co.jp/pdf/info20161018.pdf

【Kudanオフィシャルサイト】
https://japan.kudan.eu/177

 

【関連記事】
THE BRIDGE
ブリストル/東京拠点のARエンジン開発スタートアップKudan、博報堂と業務提携——独自技術の広告分野への適用を強化

(Visited 59 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)