VR/ARハードウエアの世界市場、2016年の出荷台数は1000万台に

IDCが現地時間2016年4月21日に公表したVR(仮想現実)とAR(拡張現実)のハードウエア製品市場に関するリポートによると、これらを合わせた今年(2016年)の出荷台数は1000万台に達する見通しということです。

VR分野ではFacebook傘下の「Oculus Rift(オキュラスリフト)」や「Gear VR」韓国Samsung Electronics、「HTC Vive」の台湾HTC、「Playstation VR」のSONY等が市場を牽引しています。
今年の出荷台数は世界で960万台と予測され売上は約23億円になります。ARについては今年の出荷台数は40万台程度と予想されておりが、今後数年かけて成長し、2020年には4560万台に達する見通しということ。IDCによると、2020年にはVR/AR併せた端末の出荷台数は1億台を超える見込みのようです。

【IDCプレスリリース】
http://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS41199616

【関連記事】
JB PRESS
仮想現実用の機器、市場規模2500億円超に

(Visited 179 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)