IKEA のAR対応のアプリがリニューアル

北欧発の家具メーカー「IKEA」では2年程前からAR機能を実装したアプリを提供してきましたが、今回の2017年度の電子カタログでは、グラフィックが大幅に改善され、AR機能が一新したとの発表がありました。

カタログではソファ、テーブル、棚など約15カテゴリの中から好みの商品を選んでタップすると、目の前に商品が出現するユニークな仕掛けになっており、AR機能を用いてあたかもイケアの家具を自宅においた様子をシュミレーションできる360度ビューを視聴できるようになっています。商品の大きさ、形、色柄を確認できるだけでなく、商品の質感もできるだけ再現し、ダウンロード時間を短くするなど、AR機能が一新しています。

8月30日日本語版電子カタログのリリースの際は約230点の家具で利用できます。商品は順次追加されていく予定で、今後1年で500点ほどの商品で利用できるようになる見込みです。

■AR機能によりあたかも現実にあるかのように表示が可能
20160825 IKEA 20160825 IKEA2

 

スマートフォン、タブレット端末、デスクトップ、ノートパソコンで利用できるほか、今年からApple TV(第4世代)にも対応するとのことです。

【オフィシャルHP】
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/customer-service/brochure

【記事引用元】
RBBTODAY(ARアプリ説明動画有)
http://www.rbbtoday.com/article/2016/08/23/144601.html

【関連記事】
IKEAがバーチャル空間でキッチンレイアウトを体験できる無料アプリ「IKEA VR Experience」を公開

(Visited 142 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)