KDDI研究所、AR画像をその名の通り「PITARI」と表示、透過型スマートグラス用ソフトウェアの開発

株式会社KDDI研究所は、沿革で作成したAR画像をスマートグラスを装着した人の視線の先でピタリと表示することができるソフトウェア「PITARI」を開発したことを2016年3月29日に発表しました。

PITARIはPIctureless Transmissive Augmented Reality Interfaceの略称

このソフトウェアを使用すると、遠隔で指示者が作成した画像がスマートグラス装着者の視界ですぐに見ることができるため、専門作業や買い物と幅広い使用が期待されています。

遠隔で作された画像をリアルタイムで装着者の視界に合わせて表示する技術は「世界初」ということ。

【KDDI研究所リリース】
http://www.kddilabs.jp/newsrelease/2016/032901.html

【関連ニュース】
アメーバニュース:
KDDI研究所、透過型スマートグラス用ソフト「PITARI」を開発

engadget:
動画:ヒトの視界そのものにAR画像を重ねる技術、KDDIが開発。「PITARI」作業支援用途に年内商用化めざす

(Visited 77 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)