スマートフォンと連携する自転車用ウェアラブルグラス「Solos」、+Styleに登場

ソフトバンクは、IoT製品やベンチャー企業の新製品を中心に、ユーザー参加型の共同企画やクラウドファンディング、完成している製品の販売などを手がけるサービス「+Style」に11の新製品を追加しました。
+style」とは、IoT(Internet of Things)製品などを創出したいと考える企業と最先端のIoT製品などを購入したいと考える消費者をつなげるプラットフォームです。「プランニング」「クラウドファンディング」「ショッピング」の機能を持ち、企業は消費者の声を取り入れながら商品の企画から販売までを行うことが可能になり、ユーザーは他では手に入らない商品を購入できます。

そのうちの一製品であるKopin製の自転車用ウェアラブルグラスである「Solos」は、、スマートフォンとBluetooth接続し、スマートフォンと連携した情報を表示できるというものです。アイウェアの右目側の超小型ディスプレイに速度やケイデンス(ペダル回転数)、心拍数、走行距離などを表示し、視線を大きく移動させずにリアルタイムで確認できます。また、ディスプレイを表示でするブーム(アーム)は上下に移動が可能で、度付きのレンズも近日提供される予定です。耳近くにはスピーカーも対応されています。

【記事引用元】
ケータイWatch
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1012226.html

AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1012183.html

(Visited 104 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)