Kudan FCSとAR/CV技術の応用のため業務提携を発表

AR技術の活用法は多岐に渡ります。多くの企業でもAR技術などの導入が進んでおり、ARを通して業務遂行においての効率性やより価値あるサービスの提供といったものが求められているように思います。

拡張現実(AR)技術とそのコア技術であるコンピュータビジョン(CV)技術を提供するKudan株式会社は24日、業務コンサルティングとシステム導入を手掛ける株式会社FCSと業務提携契約を締結したことを発表しました。KudanとFCSは、企業が利用する基幹業務システム(製造業の生産管理システム等)において、ARおよびCV技術の活用について協議検討を行うとしています。

コンピュータビジョン(CV)技術とは、コンピュータがカメラなどを通じて取得した画像/映像を解析して、視覚処理技術。モバイルデバイスにも対応できるそう。AR技術はCVというコア技術があってこそなんですね。

今回の業務提携における技術活用の一例は下記の通り。

業務提携契約により、KudanとFCSは、AR/CV技術を基幹業務システム分野に応用することで、作業効率性と革新性を兼ね備えたサービスを企画・開発し、新たなマーケットの発掘を目指すとしています。

詳細はこちら

 

【記事引用元】

Kudan株式会社HP: KudanとFCS、AR/CV技術の応用のため業務提携契約を締結の件
https://japan.kudan.eu/291

(Visited 108 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)