まとめ:アップルVRゴーグル開発中、ウェアラブルデバイス市場レポート、SpaceVR資金調達、サムスンスタンドアロンVRヘッドセット開発中

アップル、iOS専用「VRゴーグル」を開発中

アップルが2013年に取得した特許(USPTO 8,605,008)の出願書類を見ると、同社がヘッドマウントディスプレイの開発を検討していることがわかります。書類にはデバイスの図と合わせて以下の説明が記載されています。「ユーザーにパーソナルなメディア視聴体験を提供するためのゴーグルシステム。このゴーグルシステムは、外装カバー、フレーム、映像を映し出す部品、映像を見るためのレンズなどから構成される」

20160430 Apple VR HMD

【記事引用元】
Forbes
アップル、iOS専用「VRゴーグル」を開発中 特許画像で判明


トラクティカ社、企業と産業市場向けウェアラブルデバイスの世界市場と分析と予測レポートを出版

米国調査会社のトラクティカ社が「企業と産業市場向けウェアラブルデバイスの世界市場分析と予測:商業と仕事場で使用するスマートウォッチ、フィットネストラッカー、ボディセンサ、スマートメガネ、スマート衣料、ウェアラブルカメラ、その他のウェアラブル機器 – Wearable Devices for Enterprise and Industrial Markets」を出版します。価格は4,200USドル。日本の世紀販売代理店は株式会社データリソースになります。

【購入はコチラ】
http://www.dri.co.jp/auto/report/tractica/tracwdei.html

【リリース】
http://www.dreamnews.jp/press/0000131257/


SpaceVRが125万ドルの資金調達、「宇宙」のVR化

SpaceVRの従業員は5名だが、このたびシードラウンド資金として125万ドルの資金を調達したという。リードしたのはShanda Groupで、Skywood Capitalもこのラウンドに参加しています。SpaceVRは、宇宙のVR化を本気で実現しようと歩み始めていて、高解像度の360度カメラを宇宙に配置し、VRヘッドセットを通して宇宙の素晴らしさをみんなに体験してもらおうとしているということです。

20160430 SpaceVR

【記事引用元】
Techcrunch
「宇宙」のVR化を目標に、自前の衛星打ち上げを目論むSpaceVRが125万ドルを調達


サムスン、スタンドアロンのVRヘッドセットを開発中

サムスンは米国時間2016年4月27日の開発者カンファレンスで、スタンドアロンの仮想現実(VR)ヘッドセットを開発中、リリースする計画を認めました。このヘッドセットはポジショントラッキング機能を搭載し、スマートフォンから独立して動作するというもので、「Gear VR」のアップグレードになる予定です。発売時期は未定となっています。

【記事引用元】
CNET Japan
サムスン、スタンドアロンのVRヘッドセットを開発中–ポジショントラッキング機能を搭載

(Visited 104 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)