マイクロソフト、MR(Mixed reality:複合現実)の新時代に向け大手10社を超える提携、Windows Holographicを公開

マイクロソフトは2016年6月1日、VR(Virtual Relity:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)と呼ばれる次世代のコンピューター技術の普及に向け、半導体大手やパソコン大手など10社以上と提携すると発表しました。

マイクロソフトは、Windows 10のハードウェアパートナーに向け、Microsoft HoloLensを支えるプラットフォーム Windows Holographicによる、VRデバイス、ARデバイス、そして、両者の間にあるあらゆる形態のデバイスを構築する機会を提供するとのことです。

提携するのは米インテル、米クアルコム、米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)、中国レノボ・グループ、米デル、HP、台湾の宏達国際電子(HTC)、宏碁(エイサー)、華碩電脳(エイスース)、微星科技(MSI)など。

パートナー向けにWindows Holographicを公開するのに合わせ、デバイスが互いにやり取りし、人々の作業、コミュニケーション、学習、遊びを変革するMixed Reality(複合現実)のビジョンを紹介しています。

【Microsoft リリース】
マイクロソフト、Mixed Reality(複合現実)の新時代を目指し パートナー向けに Windows Holographic を公開

【WINDOWS EXPERIENCE BLOG】
Opening Windows Holographic to Partners for a New Era of Mixed Reality

(Visited 122 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)