NEC,ウェアラブルグラス用の仮想キーパッド「ARmKeypad」を展示

NECは東京ビックサイトで2016年5月11日~5月13日開催された「第5回 IoT/M2M展」でウェアラブルグラス用のUI「ARmKeypad(アームキーパッド)」を展示しました。

「ARmKeypad」は、スマートグラス及びスマートウォッチを装着した作業者の前腕に、仮想キーボードを表示し、キーボード入力を可能にするというものです。スマートグラスのカメラと、スマートウォッチの加速度センサーを連携させることで、指の位置とタッチ入力を検出し、設備点検、管理といった現場の業務や流通・医療といった業務にも活用が期待されています。2016年中の製品化を目指しています。

20160516 NEC ARmKeypad

【NECプレスリリース】
http://jpn.nec.com/press/201511/20151105_04.html

(Visited 176 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)