オランダ警察 犯行現場を調査にARを利用

オランダ警察は、現場にいる警察官が着用するカメラから他の専門家に拡張現実(AR)システムを利用し、映像や情報等を送ることを試行していると報じられました。

警察官が犯罪現場に到着したとき、危険な化学物質等が存在する可能性を確認、検出することが重要になります。そこで数百キロメートル離れていても、最も関連性の高い専門家が危険物質の検索に積極的に関与できるようにすることを目的に、拡張現実(AR)システムが利用されています。また犯罪現場にいる人が多くなればなるほど、重要な証拠を見つける可能性は高くなりますが、誤って証拠を汚染する危険性も高まります。 ARでは、多くの人が何かに物理的に触れることなく手がかりを発見する手助けをすることができます。

オランダのロッテルダムにあるAR企業Twnklsの主任研究員DragoşDatcuとデルフト工科大学の同僚は、ARシステムを5年間開発しており、オランダの警察、オランダの法医学研究所、オランダの消防隊と協力してテストし、「我々は犯罪現場でAR技術を使用する際に十分値するソフトウェアとハードウェアがもっており、あと6ヶ月以内に、警察は完全なパッケージを購入することができる」と述べています。

オランダ国家警察のイノベーションアドバイザー、ニック・クーマン(Nick Koeman)は「私たちはこのシステムを試しましたが、様々な警察活動に多くの付加価値を与えます。」と語っています。

【記事引用元】
New Scientist
https://www.newscientist.com/article/2113450-dutch-police-use-augmented-reality-to-investigate-crime-scenes/

(Visited 27 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)