新たなAR技術に熱視線 Lumusが計4,500万ドルの資金調達

AR技術への投資が熱く、新たな企業が投資対象に選ばれました。イスラエルに拠点を構えるLumusは、スマートグラス用のARディスプレイ開発に合計4,500万ドルの資金を調達したと発表しました。

Lumusは、1,500万ドルをすでに調達したと公表していましたが、同じ資金調達ラウンドとして新たに3,000万ドルの追加調達を行った発表しています。台湾のラップトップメーカー最大手の一つであるQuanta ComputerがHTCおよび他の戦略的投資家に追加の参加を促し、さらには、Shanda GroupとCrystal-Optechなどを呼び込みました。

2000年に設立されたLumusはARソリューションを提供する光学エンジンを開発しており、ミッションとして、人々による現実との交流方法を一変させるような光学の開発を掲げています。同社は、透明のウェラブルディスプレイ用の光学技術に焦点をあて、ヘルスケア、製造ロジスティクス、航空電子光学、さらに最近では、消費財などを含むARに関連した多くの市場でソリューションを提供しています。Lumusのソリューションは、特許取得済みのLOE導波管をベースにしており、最小サイズのアイウェアもいかなる視覚範囲に結びつけることができるもので、同社の技術は、コンパクトで、軽量且つオシャレなウェアラブルグラスのディスプレイ製作が可能となっています。

テック調査会社 Digi-Capitalによると、AR業界は2020年までに900億ドルの市場価値になるとされています。マーケットリサーチャーのIDCによると、グローバルな企業2000社のうち3割の企業は、2017年にはAR技術、VR技術をそれぞれのマーケティング企画やプランなどに取り入れ始めるだろうと予測しています。

 

【記事引用元】

VentureBeat:Dean Takahash “Lumus raises $45 million to make wearable augmented reality displays”
http://venturebeat.com/2016/12/19/lumus-raises-45-million-to-make-wearable-augmented-reality-displays/

The Bridge:Dean Takahashi “スマートグラス向けAR技術を開発するイスラエルのLumus、4500万ドルを調達”
http://thebridge.jp/2016/12/lumus-raises-45-million-to-make-wearable-augmented-reality-displays

 

(Visited 122 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)