大阪大学、AR技術を活用した腹腔鏡手術の訓練装置を開発

大阪大学大学院情報科学研究科の安藤英由樹准教授らは、AR(Augmented Reality:拡張現実)技術を活用した腹腔鏡手術の訓練装置を開発したと報じられています。熟練者が手術する様子をなぞるように鉗子(かんし)を動かして、手順を反復練習することで技能向上につなげるとのことです。

【記事引用元】
日刊工業新聞
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00395501

(Visited 70 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)