大塚家具ARによる3Dコーディネートサービス初導入

株式会社大塚家具は、インテリア業界向けITサービスを提供する株式会社リビングスタイルのインテリア3Dシミュレーターを採用し、全国に展開するショールームで3Dコーディネートサービスを展開することを発表しました。

大塚家具では、これまでも全国に展開する同社のショールームでパソコンのシミュレーションソフトを利用したコーディネート提案を行っていましたが、多様化する顧客ニーズに対応し、接客シーンや場所を選ばず顧客に最適な提案を行うために、「Webインテリア3Dシミュレーター」、「iPad版インテリア3Dシミュレーター」、さらにAR(拡張現実)技術を利用したスマートフォン向けアプリケーション、計3つの製品を採用し、9月15日よりサービス展開することとなりました。

 

20160921_%e5%a4%a7%e5%a1%9a%e5%ae%b6%e5%85%b73

 

今回の採用により、iPad版シミュレーターとスマートフォン向けARアプリに関しては、アプリケーション配信サイトにて公開されるということで、一般のユーザーでも、大塚家具オリジナル商品の3Dデータを利用したコーディネートを手軽に楽しむことが可能となります。

今回のサービス開始時点で登録された商品は約500点で、今後も商品を順次追加し、2018年までに2,000点規模にしていく予定です。

アプリダウンロードにつきましては、オフィシャルHPをご参照ください。

【オフィシャルHP】
https://www.idc-otsuka.jp/3dar/

【記事引用元】
Living Style プレスリリース
https://www.livingstyle.co.jp/whatsnew/20160914

(Visited 76 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)