障害を持つ子供が仮想空間で現実世界で必要なスキルを習得

特別支援学校メッタスクールの児童は毎月自立支援のため現実世界を体験、MRT(マス・ラピッド・トランジット:地下鉄)を使用したり道路を横断するために外出をします。しかし、多くの児童は軽度の自閉症や知的障害をもっており、車、バイク、せっかちな通勤者、道路標識さえ彼らの安全を侵す可能性があります。

学校のスタッフたちはAR/VRの開発をするEon Reality社と、児童に安全な教室内で行える公共交通機関を利用する方法を学ぶことができるシステムを開発しました。レッスンコースは、「道路の横断」、「MRTの乗車」、「バスの乗車」の3つのテーマになります。生徒たちはモーションセンサーのついた2mの高さのパネルを前に手を動かしたり、歩いたりすることで仮想世界でバスを止め、乗車する体験をすることができます。

【記事引用元】
http://www.straitstimes.com/singapore/kids-with-special-needs-pick-up-real-life-skills-virtually

(Visited 47 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)