「新宿クリエイターズ・フェスタ2016」で大型ビジョンに映し出される映像とARが融合し斬新なアート作品へ!

AR技術をベースにスマートフォン事業を手掛けるアララ株式会社は、 2016年8月から新宿駅周辺で開催されている『新宿クリエイターズ・フェスタ』に出展中の映像作家・山本信一氏の作品において、 アララ株式会社の提供するスマートフォン向けARプラットフォームアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用されたことを発表したことが報じられています。

『新宿クリエイターズ・フェスタ』は、 新宿駅周辺にアート作品を点在させ、 来街者に街全体で芸術を体感してもらうことを目的としたアートイベントです。 本イベントに出展する映像作家・山本真一氏は、 毎年大型ビジョンを中心にした映像作品を放映しており、 ユニカビジョンを用いたAR連動企画に新たな映像作品の可能性を見出し、 今回の作品に至ったとしています。

大型ビジョンを活用したコンテンツは、 近年、 イベント集客や顧客店舗誘因などに繋がる要素として、 屋外・屋内を問わず注目を集めています。 本施策においては、 大型ビジョン放映とARアプリとを連動させることにより、 大型ビジョンで見る圧倒的な映像の美しさをARで拡張させ、 お手元のスマートフォンで間近に鑑賞できるのが大きなポイントとなっています。

スマートフォンでARアプリ「ARAPPLI」(無料)をダウンロード後、 アプリを起動し、 山本氏の映像が放映されている18時台からの時間帯にスマートフォンカメラをユニカビジョンにかざすと、 映像作品と連動した様々なグラフィックがビジョンから飛び出すように現れます。

実施期間 :9月24日(土)~10月10日(月)
映像作品の放映 :朝7時~深夜12時台の毎時55分~57分(夜11時以降は音声なし)
AR連動の実施時間:18:55~18:57、 19:55~19:57、 20:55~20:57、 21:55~21:57、 22:55~22:57、 23:55~23:57、 24:55~24:57
紹介動画: https://youtu.be/Rh-TEdqtBTQ

 

【記事引用元】
PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000115.000004318.html

 

(Visited 41 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)