双日、VR(仮想現実)市場参入 ヘッドマウントディスプレイの販売を開始

12月付け日本経済新聞でも報じられていますが双日がVR(仮想現実)用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)の販売を開始すると発表しました。

子会社である双日プラネット株式会社は、中国のHMD開発メーカーであるトト社(Shenzhen Dlodlo Technologies Co., Ltd.)と部材調達及び日本市場でのVR用HMDの販売促進を目的に業務提携を発表しています。

同社はスマートフォンを装着するヘルメット型のHMD「H ONE」を2016年春に中国市場にて販売開始、現在はVR用HMDとしては世界最軽量となる総重量78グラムの眼鏡タイプ「V ONE」の開発をしており、2017年に販売開始する予定ということです。

【双日プラネット株式会社 プレスリリース】
http://www.sojitz-planet.com/jp/news/pdf/news20160412.pdf

(Visited 496 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)