スターウォーズの世界のボードゲームがAR技術で現実に

1977年に放映開始されて以来、多くのファンを魅了してきた映画スターウォーズの名シーンを現実の世界と融合すべく、AR技術を使ったボードゲーム、HoloGrid:Monster Battleの開発企画が進められているということです。開発しているのは、VFXの巨匠であるPhil Tippet氏。こちらの企画についてはKickstarter社を通じてクラウドファンディングで10万ドルの出資を募っています。

Phil Tippet氏といえば、「スター・ウォーズ」のエピソードIVで、ハン・ソロとチューバッカが遊んでいた、バーチャルなモンスターチェスのシーンを手掛けたことで有名。今回開発されたゲームも、カードからカメラで取り込んだモンスターを戦わせる、モンスターチェスの姉妹作とも言える内容です。

【記事引用元】
UPLOAD
The Board Game From ‘Star Wars’ Is Being Made Into An AR Experience

ねとらぼ
これハン・ソロが遊んでたやつみたい! SWのモンスターチェスを手掛けた巨匠・フィル・ティペットがARカードゲームを開発

(Visited 175 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)