ニュージーランド発ストレッチセンス社、株式会社スタートトゥデイから資金調達

ニュージーランドのオークランドを拠点とするウエアラブルセンサー企業のストレッチセンス(StretchSense)は2016年6月30日、日本の株式会社スタートトゥデイ(東証:3092)からシリーズA資金を確保したと発表しました。

スタートトゥデイは、アパレルとアクセサリーを扱う日本最大のオンライン通販サイトZOZOTOWNや、日本最大のファッションコーディネートアプリのwear.jpを所有しています。

ストレッチセンスは、ウエアラブル用の柔軟な伸縮性センサーと発電装置を製造しています。当社の製品は非常に柔軟で正確であり、スポーツ、AR/VR、アニメーション、医療といった用途に最適です。ストレッチセンスは、28カ国の200社以上のお客さまに製品を販売した実績を有しています。

ストレッチセンスは、ニュージーランドでのパイロット生産・研究開発(R&D)能力の強化と、海外でのマーケティング・販売・サポート能力の拡大に、この資金を活用するということです。

【Business wire】
http://www.businesswire.com/news/home/20160630006430/ja/

【スタートトゥデイ リリース】
http://www.starttoday.jp/wp-content/uploads/2016/06/ST_SSL20160624.pdf

(Visited 95 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)