英studio deFORM、積み木とiPadを組み合わせて遊ぶ拡張現実(AR)玩具「KOSKI」を開発

英国のstudio deFORMが、積み木と「iPad」を組み合わせて遊ぶ拡張現実(AR)玩具「KOSKI」を開発しました。

こちらのおもちゃは専用の台の上に、マグネット入りの木製の積み木を組み立て、専用の色付きのシールを貼り、「マジカルミラー」と名付けられたiPadのカメラでとらえると、AR技術を利用し、積み木で作られた仮想世界を妖精のようなキャラクターや植物、水が現れるというもの。

20160726 studio deFORM koski2

マグネット入りの積み木はブロック同士磁力でつながる為簡単に組み立てられ、シールの色に応じて仮想的な水を流したり植物が生えたりします。

(Visited 92 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)