KDL、ゼンリン、テレパシージャパン、アイウェア型ウェアラブルデバイス「Telepathy Walker」向けアプリ「ARrow NAVI」共同開発

株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)株式会社ゼンリンデータコムは、株式会社テレパシージャパンの次世代アイウェア型ウェアラブルデバイス「Telepathy Walker」向けの徒歩ナビゲーションアプリ「ARrow NAVI(アローナビ)」を共同開発したことを発表しています。同時にアイウェア型ウェアラブルデバイス「Telepathy Walker(テレパシーウォーカー)」の資金調達をクラウドファウンディング「Kickstarter」「kibidango」で実施し、目標額を達成したことも発表しています。

こちらがTelepathy Walkerは次世代のアイウェア型ウェアラブルデバイスです。

20160318 Telepathy Walker

 

「ARrow NAVI」は、目的地をシンプルかつ直感的なUIで目的地までの正しい道を案内する新しい徒歩ナビゲーションアプリです。目的地をジャンルの選択または音声入力で指定し、ARのガイドアローと音声で目的地まで導く道案内ができます。

日本国内向けは、テレパシー社のホームページで注文を受け付け、端末とアプリを含めて価格は8万5千円(税抜き)、7月から発送する予定。

【KDL リリース】
http://www.kdl.co.jp/news/20160426_KDL_press_ARrowNAVI.pdf

【テレパシージャパン リリース】
クラウドファウンディングで目標金額を達成した「Telepathy Walker」 専用徒歩ナビゲーションアプリ「ARrow NAVI」を ゼンリンデータコムと神戸デジタル・ラボで共同開発

【過去の記事はコチラ】

AR技術でハンズフリーナビゲーションを可能に——純国産スマートアイウェア「Telepathy Walker」

(Visited 186 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)