スマホ&多言語の上野動物園ガイド、富士通が観光客向けに提供

富士通は2016年3月22日、恩賜上野動物園と浜離宮恩賜庭園のガイドサービスをスマートデバイスを介して提供するシステムを構築したと発表した。音声ガイドや動画、写真、参考情報などを提供する。外国人観光客の利用を想定しており、日本語を含む多言語で利用できる。東京都の依頼を受けて開発した。4月1日に稼働を始める。

20160323 上野動物園

恩賜上野動物園では、園内の124カ所に、各ガイドスポットの識別子が仕込まれたNFCタグとQRコードを設置した。AndroidデバイスでNFCタグにタッチするか、iOSデバイスでQRコードを読み込むと、そのスポットの動物をクローズアップした動画や、知っているとさらに楽しくなる情報が表示され、音声ガイドが流れる。

浜離宮恩賜庭園では、園内の28カ所にビーコンを設置した。スマートデバイスのアプリケーションを起動した状態でビーコンのあるスポットに近付くと、スマートデバイスにそのスポットの参考情報や、普段は公開していない建物内部の画像、江戸時代にどのように利用されていたかの説明などが自動で表示され、音声ガイドが流れる。

AR(拡張現実感)を利用した道案内機能も備える。目的地のガイドスポットを選択してAR機能を起動し、スマートデバイスのカメラを周辺の風景にかざすと、目的地の方向を示すマークと目的地までの距離が風景画像に重ねて表示される仕組み。

【記事引用元】
IT Pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032200840/?rt=nocnt

(Visited 119 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)