VR制作ソフトウェア開発会社ディヴァーズ、総額103.9万US$の資金調達実施

バーチャルリアリティ・ソフトウェアを開発する米国DVERSE Inc.(ディヴァース)は、500 Startups Japan、Colopl VR Fund、KLab Venture Partners 株式会社、株式会社アドウェイズ、株式会社ウィルグループのコーポレートベンチャーキャピタルであるウィルグループインキュベートファンド、スローガン株式会社、川田尚吾氏、他から、Convertible Note(日本における転換社債型新株予約権付社債に相当)による総額US$103.9万ドル(約1.1億円)の資金調達を実施したことを発表しています。

ディヴァースは、次世代端末として話題のヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)を使用するバーチャルリアリティ(VR)制作ソフトウェアを開発しており、今回の資金調達により開発体制を強化し、誰もが簡単にVRコンテンツを制作し楽しむためのソフトウェア構築を早急に進めていく、ということです。

【PR TImes リリース】
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000014483.html

(Visited 68 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)