デジタルと現実世界をつなぐMR(複合現実)技術でXperiel、7百万ドルの資金調達

デジタルと現実世界をつなぐMR(Mixed Reality:複合現実)技術を使うプラットフォームを開発する Xperiel は700万ドルを調達したことを現地時間8月11日発表しました。

Xperiel が提供するのはARの開発を簡単にする技術、例えば、スマートフォン上に野球カードをトリガーにしたパズルゲームアプリや会場に入った人を認識するスタジアムのモニター、といったものです。

カルフォルニア州、サニーベールを拠点に置く同社は、スポーツチームやスタジアムのオーナーを最初の顧客としてターゲットにしています。また、Pepsiやドジャースといった顧客が既におり、現在注力しているのはスポーツ関連企業・組織ですが、彼らのプラットフォームはコマースからホームオートメーションまで、様々なIoTアプリケーションに活用される可能性があります。

■Xperielが供給するロサンジェルスドジャースのアプリ
20160815 Xperiel

【記事引用元】
THE BRIDGE
http://thebridge.jp/2016/08/xperiel-raises-7-million-to-connect-the-digital-and-real-worlds-with-mixed-reality
VentureBeat
http://venturebeat.com/2016/08/11/xperiel-raises-7-million-to-connect-the-digital-and-real-worlds-with-mixed-reality/

(Visited 49 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)