幼児子供用教育ARブランド上海Yangshu Wenhua、3700万ドルの資金調達に成功

子供を対象としたAR科学教育ブランドNeoBearを開発した上海に拠点を構えるYangshu Wenhuaは、2016年10月25日、投資家から3700万ドルの資金調達したことを公表しました。

投資家の中には、米国に拠点を置くベンチャーキャピタルGGVキャピタル、移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う企業クアルコムと、中国の一部の投資家がいると中国マネーネットワークは報道しています。

20161026_neo-bear

Yangshu Wenhuaは2009年に設立、Neobear は2012年に AR 製品の開発を開始し、当初はARテクノロジーの利用を試みる数少ない教育企業の1社でした。 2歳〜10歳の子供を対象としたAR教育製品はポケット動物園、NeoBear漫画シリーズなどのARの絵本が主要です。子どもたちはARが有効な環境で動物について勉強することができ、ポケット動物園は、今年の初めで1.5億セットを販売されています。

【記事引用元】
GET AR
http://getar.jp/neobears-owner-yangshu-wenhua-secures-37-million-funding/

(Visited 47 times, 1 visits today)

1 Comment on 幼児子供用教育ARブランド上海Yangshu Wenhua、3700万ドルの資金調達に成功

  1. こんばんは。
    GET AR管理人の佐藤雄一と申します。
    この度は被リンク、ありがとうございます。
    メールアドレスの記載がなかったので、こちらのコメントで書かせてください。
    弊サイトはリンクフリーです。また、記事を引用して書いても問題ございませんので、これからもよろしくお願いします。
    ありがとうございました!

    Thanks 🙂
    Yuichi Sato

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)