矢野経済研究所、ウェアラブルデバイス世界市場の調査資料を発表、2015年約7,106万台、2020年には3億2,278万台を予測

2016年5月16日、矢野経済研究所は、ウェアラブルデバイス世界市場の調査結果を発表しました。

この調査におけるウェアラブルデバイス市場は、①スマートウォッチ、②スマートバンド、③スマートグラス、④ヘッドマウントディスプレイ(HMD) ⑤その他に分類し、メーカー出荷台数ベースで算出。但し、スマートバンドの国内市場規模は、活動量計や睡眠計等を含むスマートフォンと連携可能な健康器具のみを対象としています。

ウェアラブルデバイス世界市場規模は2015年7,105万9,000台、2020年には3億2,278万台を予測

2015年のウェアラブルデバイスの世界市場規模は、メーカー出荷台数ベースで7,105万9,000台、カテゴリ別ではスマートバンド4,637万台、スマートウォッチ2,218万台、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)87万4,000台、スマートグラス78万台、その他85万5,000台であり、安価なスマートバンド、多数のメーカーが参入したスマートウォッチが市場をけん引している。 2016年の同市場は前年比164.1%の1億1,663万4,000台を見込む。2020年には全体で3億2,278万台になると予測する。

ウェアラブルデバイス国内市場規模は2015年209万2,000台、2020年には1,160万台を予測

2015年のウェアラブルデバイスの国内市場規模は、メーカー出荷台数ベースで209万2,000台、カテゴリ別ではスマートバンド140万5,000台、スマートウォッチ61万5,000台、スマートグラス3万9,000台、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)1 万6,000台、その他1万7,000台。健康志向の高まりもあり、スマートバンドが市場をけん引している。2016年の同市場は前年比171.4%の358万5,000台を見込む。2020年には全体で1,160万台になると予測する。

20160518 Yanokeizai

【プレスリリース全文】
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1535.pdf

(Visited 170 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)