遊戯王ARスタンプラリーが横浜で開催 作品&地域プロモーション 4月16日から5月10まで

劇場版『遊☆戯☆王』の映画公開を記念して、ソフトバンク会社は位置情報を用いた周辺情報配信サービス「ふらっと案内」を活用してAR技術を活用したデジタルスタンプラリー「劇場版『遊☆戯☆王』 ARスタンプラリー in横浜」に協力することを発表しました。

これは、漫画やアニメ、カードゲームキャラクターとして人気が高い劇場版『遊☆戯☆王』の舞台である「童実野町(ドミノちょう)」が横浜みなとみらいをモデルに描かれていることから、この2つの都市がARを通じた仮想の交流都市になり、登場キャラクターが横浜にやってくるという設定のデジタルスタンプラリーで、2016年4月16日から実施されます。

内容としては観光施設に設定したスタンプポイント(9施設12か所)を訪れ、アプリ画面を通じてその場所を見るとARの『遊☆戯☆王』キャラクターに会うことができ、さらに記念撮影をすることでスタンプが押され、12か所中8か所のスタンプを集めるとラリー景品交換ポイントで横浜でしか手に入らない『遊☆戯☆王』オフィシャルカードゲームのカード「オベリスクの巨神兵(KC仕様)」を先着3万名にプレゼントされるというもの。

■サンプル画面

20160402 遊戯王

■ARスタンプポイント

20160402 遊戯王3

【ソフトバンクプレスリリース】
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20160401_02/

http://cdn.softbank.jp/corp/set/data/group/sbm/news/press/2016/20160401_02/pdf/press_yokohama.pdf

 

(Visited 751 times, 1 visits today)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)